NPO法人 設立

NPO法人とは -Q&A-

Q1 NPO法人とは、どのような団体ですか?
Q2 誰でも設立できるのですか?
Q3 どのような活動ができるのですか?
Q4 17分野以外の活動はできないのですか?
Q5 利益を出してはいけないのですか?

Q1 NPO法人とは、どのような団体ですか?

NPOとは、Non Profit Organization の略語で、非営利組織のことをいいます。

NPOは、広義では利益を目的としないすべての団体のことを指しますので、非常に幅が広く、公益法人から市民団体まですべてを含みます。

NPO法人とは、法律により、「法人格」を付与された団体のことをいいます。

つまり、法律で定められた特定の社会貢献活動を行う団体が、都道府県(内閣府)から設立の『認証』を受けることで、NPO法人となることができます。

Q2 誰でも設立できるのですか?

基本的に誰でも設立することができます。

ただし、設立するには、必ず法律で定められた設立の要件をクリアしなければいけません。(活動の内容として、特定の非営利活動を行う団体のみ法人となることが認められています。)

特定の非営利活動とは、17分野に該当する活動であって、不特定かつ多数のものの利益の増進に寄与することを目的とするものをいいます。

従って、この17分野に該当しない場合や、特定または少数の者の利益を求める活動を行う団体の場合は、法人になることが出来ません。

詳しくは 設立要件

Q3 どのような活動ができるのですか?

法律で定められた17分野の非営利活動を行うことが基本となります。

(17分野の非営利活動は、(地域)社会への貢献として考えられる多くの活動が含まれているので、公益性の強い活動であれば、その多くがNPO法人の活動として認められます。)

詳しく 特定非営利活動

Q4 17分野以外の活動はできないのですか?

特定非営利活動に係る事業に支障がなければ、17分野以外の活動を行うことも可能です。

(その際は、会計上17分野の活動を「特定非営利活動に係る事業」、それ以外の活動を「その他の事業」として区分しなければいけません。また「その他の事業」から出た利益は、特定非営利活動に係る事業のために使用しなければならない、「その他の事業」の支出は総支出額の5割以内でなければならないといった制限があります。)

Q5 利益を出してはいけないのですか?

「非営利」とは、NPO法人に利益が出た場合、その利益を役員や会員に対して分配しないということを意味します。従って、法人の活動資金として使用するのであれば、利益を出しても問題はありません。

(継続的に活動を続けるのであれば、その運営資金として利益を出すことも当然考える必要があります。)

お問い合わせ

大阪府・兵庫県内でのNPO法人の設立、立ち上げ、法人化は当事務所にお任せ下さい。まずは、お気軽に問合せ下さい。

メールでの問い合わせ お問合せフォーム

(業務対応地域)
兵庫県/神戸市・芦屋市・西宮市・宝塚市・尼崎市・伊丹市・明石市・加古川市・高砂市・姫路市・三木市・三田市他
大阪府/大阪市・豊中市・池田市・吹田市・茨木市・高槻市・摂津市・守口市・寝屋川市・枚方市・門真市・東大阪市・八尾市・堺市・大東市・四条畷市・交野市・松原市他