NPO法人 設立

NPO法人のメリット

NPO法人のメリットについて

1.社会的な信用が高まる
2.団体が権利・義務の主体となる
3.助成金や補助金が受けやすくなる

1.社会的な信用が高まる

NPO法人は、法律に基づき所轄庁(国・都道府県)の認証を受けて設立します。認証により、その活動は非営利で公益性の高いものであることが明らかになりますので、社会的な信用が高まります。(地域)社会で活動を行うにあたり、この社会的信用は非常に重要です。

例えば、イベントを主催した場合に、その主催者がNPO法人であれば、参加者も安心して参加することができ、より多くの参加者を集めることができます。なぜなら、NPO法人が国又は都道府県が認めた非営利で、公益性の高い団体であることを、ほとんどの市民が理解しているからです。

また、社会的信用が高まれば、会員の募集や寄付金を集めやすくなり、事業の安定化にも繋がりますし、スタッフを募集する場合も、任意の団体より有利に進めることができます。

2.団体が権利・義務の主体となる

例えば、NPO法人が何らかの契約を結ぶ場合、代表者個人ではなく法人が契約の当事者となります。また、不動産を取得する場合は、NPO法人の名義で登記することができ、銀行での口座の開設や電話を引く場合にも法人名で行うことができるようになります。(法人でなければ、このような場合は代表者が個人として行うことになります。)

法人でないために個人(代表者)が契約や登記をした場合、後に代表者を交代する際には、契約を締結し直す必要があったり、不動産の変更登記をする必要があるなど、手続きが複雑になります。

また、NPO法人として契約をした場合、団体と個人(代表者)とが明確に区別されるので、損害賠償に関して、代表者の責任の負担が軽くなることも考えられます。

3.助成金や補助金が受けやすくなる

法人化することで、助成金や補助金が受けやすくなります。NPO法人でなければ行政からの事業の委託を受けることができない場合もあります。

ただし、一般的に受けやすくなるということであって、必ずしも受けることができる訳ではありません。現在では、NPO法人の数が増え競争が激しくなったために、簡単に補助金・助成金を受けることができなくなっています。

法人化のデメリットへ

お問い合わせ

大阪府・兵庫県内でのNPO法人の設立、立ち上げ、法人化は当事務所にお任せ下さい。まずは、お気軽に問合せ下さい。

メールでの問い合わせ お問合せフォーム

(業務対応地域)
兵庫県/神戸市・芦屋市・西宮市・宝塚市・尼崎市・伊丹市・明石市・加古川市・高砂市・姫路市・三木市・三田市他
大阪府/大阪市・豊中市・池田市・吹田市・茨木市・高槻市・摂津市・守口市・寝屋川市・枚方市・門真市・東大阪市・八尾市・堺市・大東市・四条畷市・交野市・松原市他