NPO法人 設立

NPO法人のデメリット

NPO法人のデメリットについて

1.事務手続きが煩雑である
2.法人税等がかかる
3.社会保険に加入しなければいけない

1.事務手続きが煩雑である

1) NPO法人の会計は、法律により定められた会計の原則に従い行う必要があります。その原則とは次の通りです。

 ①会計は、正規の簿記の原則に従って正しく記帳すること
 ②財産目録・貸借対照表・収支計算書は、会計簿に基づいて収支・財産
  状態に関する真実な内容を明瞭に表示したものとすること
 ③採用する会計処理の基準・手続きは、毎事業年度継続して適用し、み
  だりに変更しないこと

2) 毎事業年度終了後3ヵ月以内に、次の書類を作成し所轄庁へ提出する必要があります。また、これらの書類は利害関係人からの請求があった場合、公開しなければいけません。

 ①事業報告書
 ②財産目録
 ③貸借対照表
 ④収支計算書
 ⑤役員名簿
 ⑥10人以上の社員の氏名・住所を記載した書面

3) 次の事項に係る定款の変更を行う場合、所轄庁の認証を受けなければなりません。

 ①目的
 ②名称
 ③特定非営利活動の種類・事業の種類
 ④主たる事務所・その他の事務所の所在地(一部例外あり)
 ⑤社員の資格の得喪に関する事項
 ⑥役員に関する事項 など

2.法人税等がかかる

利益がなくとも、法人住民税の均等割(減免される場合が多い)を納付する必要が生じます。また、法人税(収益事業により所得が生じた場合)、法人住民税(法人税割)、事業税、消費税も納付しなければいけません。

3.社会保険に加入しなければいけない

法人ですから従業員を雇用した場合、社会保険(健康保険・厚生年金保険)に加入しなければいけません。また、労働保険(雇用保険・労災保険)の加入の義務も生じます。

法人化のメリットへ

お問い合わせ

大阪府・兵庫県内でのNPO法人の設立、立ち上げ、法人化は当事務所にお任せ下さい。まずは、お気軽に問合せ下さい。

メールでの問い合わせ NPO法人設立サポート お問合せフォーム

(業務対応地域)
兵庫県/神戸市・芦屋市・西宮市・宝塚市・尼崎市・伊丹市・明石市・加古川市・高砂市・姫路市・三木市・三田市他
大阪府/大阪市・豊中市・池田市・吹田市・茨木市・高槻市・摂津市・守口市・寝屋川市・枚方市・門真市・東大阪市・八尾市・堺市・大東市・四条畷市・交野市・松原市他